岩見沢市立光陵中学校バスケットボール部 監督
大島恵一さん函館アリーナ

※クリックで動画再生(2分41秒)

チームについて教えてください。

岩見沢市立光陵中学校バスケットボール部です。今回の遠征は、男子、女子、スタッフ合わせて37名で函館に来ています。2泊3日で、最初の日に、函館の中学生と練習ゲームをやらせてもらって、2日目からは、函館アリーナで行われる「函館チャレンジカップ」という、全道各地のチームの交流ゲームに参加しています。

合宿地に函館を選んだ理由を聞かせてください。

まず、私自身が中学、高校、大学と、函館にお世話になっていたのが大きな理由です。函館で合宿をやりたいと考えていたのですが、費用の工面が大変で悩んでいたところ、今回、函館市の「合宿誘致補助制度」を知り、思い切って保護者会で通して、こうして来ています。

生徒の皆さんの様子はいかがですか。

遠征自体が今までなかったので、非常に気持ちが高ぶっていて、生徒たちは一生懸命取り組んでいます。

函館アリーナの感想を教えてください。

函館アリーナでバスケットボールをやるのを楽しみにしていました。非常に広いコートであるということと、真夏でも真冬でも快適であるというのが、とてもいい環境だと思います。

合宿中のお楽しみはありますか。

選手は函館山の夜景を非常に楽しみにしています。ですが、天候が函館に来てから芳しくありません。今日の夜にかけたいなと思っています。

今後の目標をお聞かせください。

岩見沢市は南空知地区の所属ですが、非常に小さな地区になります。そこで勝ち上がることはあるのですが、全道大会に行くと結果が残せない状況です。こういうところで武者修行をしっかりして、次につなげたいと思っています。