セコムラグビー部 小谷健志さん根崎公園ラグビー場

※クリックで動画再生(3分32秒)

チームについて教えてください。

セコム株式会社ラグビー部「セコムラガッツ」は、埼玉県狭山市を本拠地に活動しています。2003年に国内最高峰リーグであるジャパントップリーグが発足した際、初年度の12チームに入ることができ、3シーズンをトップリーグで活動しました。現在は、ひとつ下のトップイーストというリーグで活動しています。

今回の合宿の目的を教えてください。

1か月後の公式戦開幕に向けての仕上げで、目指すラグビーである「チームを一つにする」という目標の最終段階に入っています。集中してラグビーを行うための合宿です。

合宿地に函館を選んだ理由を教えてください。

今年は30周年の節目ということで、5年後に再びトップリーグに上がることを目標とした5か年計画を立てました。そんな中、函館市がスポーツ合宿誘致に積極的に取り組まれていて、また、新施設「函館フットボールパーク」や「函館アリーナ」が完成すると伺い、興味を持ちました。セコムラグビー部の創始者・初代部長は函館出身で、チームにとってゆかりのある地です。新たなスタートを切るにはふさわしい場所と思い、函館を選びました。

※合宿地 根崎公園ラグビー場

函館合宿の感想をお聞かせください。

思っていた以上にからっと乾燥していて、気温がそこまで上がらないので、普段はできないような、この気候だからこそできる「厳しく追い込む練習」ができました。非常に過ごしやすくて、快適で、食べ物もおいしいです。

函館のグルメは楽しまれましたか。

アスリートの合宿なので、基本的にはホテルに依頼した、栄養士によるメニュープランで3食提供してもらいました。チームビルディングの一環として、中日の夜に、チームごとの自由行動を設定。各チームは、イカやお寿司などの函館の名産を食べて、大いに楽しんだようです。

今後の抱負をお聞かせください。

今シーズンの目標、その先に「5年後トップリーグに戻る」という明確なビジョンがあります。まずはそこに向けてしっかり結果を出すということです。また、仕事もラグビーもしっかりと、社会人の本分・責務を果たしながら、夢や感動を与えられるような、函館市の皆さんにも応援していただけるようなチームになっていきたいと思います。

セコムラガッツ最新情報はこちら